閉じる

フォトコンテスト作品発表を365日応援しています

締切日

10月07日

第4回生命(いのち)を見つめるフォト&エッセー

掲載写真
撮影地域

地域限定なし
テーマ・募集内容
「親子」「笑顔」をテーマに生命の尊さ、大切さを感じさせる写真を募集します。人間、動物、自然など被写体は自由です。学生のみなさんが応募しやすくするために、「小中高生の部」も新設しました。
お問合せ・連絡先
〒100-8055 東京都千代田区大手町1-7-1
読売新聞東京本社 次世代事業部「生命を見つめるフォト&エッセー」係
TEL:03−3216−8598 (平日:午前10時〜午後5時)
ペット・動物 人物 ママさん
関連サイト
■応募規定
作品のプリントサイズは、キャビネ判(2L)とします。
応募は1人3点までに限ります。
※応募作品は、2017年6月1日以降に本人撮影の未発表の作品に限ります。
※500万画素以上であれば携帯電話等での撮影も可能です。
※画像処理等の加工、合成及び組み写真は不可とします。
■賞の内容
■一般の部
厚生労働大臣賞(1点):賞金10万円、賞状 他
日本医師会賞(1点):賞金10万円、賞状 他
読売新聞社賞(1点):賞金10万円、賞状 他
審査員特別賞(1点):賞金5万円、賞状 他
入選(若干名):賞金3万円、賞状 他

■小中高生の部
文部科学大臣賞(1点):図書カード3万円分、賞状 他
優秀賞(若干名):図書カード5,000円分、賞状 他
■応募方法
・ウェブからの場合は公式ホームページ内の応募フォームより応募してください。
・郵送の場合は、応募作品の裏に応募用紙(公式ホームページからダウンロード可)をつけて、封筒の表に「一般の部」または「小中高生の部」を明記し、応募先住所に送って下さい。
※なお、審査期間中にオリジナルデータを提供していただく場合があります。
※ご記入いただいた個人情報は、受賞した場合の連絡、作品に関する問い合わせ、取材、本コンテストに関するご案内のみに使用し、それ以外の目的での使用や、第三者に譲渡することはありません。
※氏名は実名のみの受け付けとなります。
※ウェブからの応募の場合、応募可能なファイルの容量は3〜20MBとなります。
■審査
野町和嘉(写真家/日本写真家協会会長)
岩合光昭(動物写真家)
松下奈緒(女優/音楽家) ほか
■その他、特記事項
・被写体の肖像権やプライバシーの侵害、タイトルと被写体の事実関係には十分ご注意下さい。
・応募作品について、肖像権・プライバシー侵害等の争いが生じても主催者は責任を負いません。
・応募作品は返却いたしません。
・入賞作品についての著作権は、撮影者に帰属します。ただし、入賞作品について、読売新聞紙上およびその他広報物に使用する権利は、主催者が有します。入賞作品は、主催者が管理するウェブサイトで使用されるほか、新聞・雑誌・テレビ・ラジオ・書籍・教材などに利用されることがあります。
・入賞作品の発表では、新聞紙面およびウェブサイトに、作品と実名、年齢を掲載します。ペンネーム、イニシャル等による発表はできません。
・医師および医療従事者も応募可能です。
■発表の方法
入賞作品の発表は2021年2月頃を予定しています。
読売新聞紙面およびウェブサイトに、作品と実名、年齢を掲載します。
※表彰式は2021年2月に東京都内で実施予定です。
  • TOPへ戻る
  • 一覧へ戻る