閉じる

フォトコンテスト作品発表を365日応援しています

締切日

01月14日

Passepartout Photo Prize - 4th edition

掲載写真
撮影地域

地域限定なし
テーマ・募集内容
Passepartout Photo Prizeはイタリア・ローマで2019年に創設されたファインアートに特化した、自由テーマの写真コンテストです。
お問合せ・連絡先
詳細・応募フォーム(英語・イタリア語):https://www.passepartoutprize.com/

日本語での質問がある場合はpassepartoutprize@gmail.comまでメールにてお問い合わせください。
自由
関連サイト
■応募規定
2022年1月14日までに、ウェブサイト(https://www.passepartoutprize.com/form-view/2)にある応募フォームから、デジタルファイルで作品を提出する必要があります。郵送での応募は受け付けておりません。提出するデジタル画像は、.jpgで保存し、sRGBフォーマットで1ファイルあたり4MB以内、長辺の長さが2000px以内のものとします。

ファイル名は、撮影者の氏名、姓名、連番、作品名(ある場合)をアンダースコアで区切ってください。
例:Bill Williams_01_The Rain.jpeg

応募作品のどこにも、署名、スタンプ、その他の識別マークを入れることはできません。ウォーターマークが入っている画像は、自動的にコンテストから除外されます。

早期応募登録費は18ユーロで、最大3枚の画像を応募することができます。早期応募締め切り後は、登録費が22ユーロとなり、3枚までの画像を応募することができます。追加画像は合計7枚まで、1枚につき4ユーロの追加料金で応募できます。
1枚の画像、または1つのプロジェクトからの複数の画像で作品を応募することができます。 複数枚の画像を応募する場合は、応募フォームにプロジェクトの詳細を記載してください。
■賞の内容
年に2回公募があり、各回において最優秀賞として現金500ユーロ、優秀作品にはギャラリー賞としてローマのアートギャラリーにおいて展示会(年1度)への出展、さらにカタログ賞として当コンテストの年次カタログへの出版、スポンサーによる副賞を授与しています。
■応募方法
Passepartoutのウェブサイト(https://www.passepartoutprize.com/form-view/2)にある応募フォームからのみ応募可能です。
■審査
リチャード・トゥシュマン(写真家)、オルモ・アマト(写真・映像作家)、ロベルタ・フオルヴィア(キュレーター)、エリック・ヴルーン(編集者)、三浦咲恵(写真家)、ルイザ・ブリガンティ(写真家)、フランチェスカ・アンフォッソ(ギャラリーオーナー)、マルコ・スパトゥツァ(ポストプロデューサー)による厳正な審査を実施します。
■その他、特記事項
■発表の方法
2022年2月に入賞者をメール、ウェブサイト、ソーシャルメディアにて発表します。
  • TOPへ戻る
  • 一覧へ戻る